審美歯科とは

通常の歯科クリニックは、虫歯の治療や歯肉の治療など、元々あった機能を回復するための治療を行います。基本的に歯の機能を回復させるために必要な治療は健康保険が適用されます。これらの治療は自己負担が3割(義務教育就学前までは2割)と費用は軽くてすみますが、決められた材料の範囲で治療を行っているので、たとえば虫歯の治療で歯を削り詰め物をした場合、金属やプラスチック(レジン)が使われます。

金属やプラスチックは、口を大きく開けた時に目立つとか使用による変色が起きてくることもあります。審美歯科では機能回復を含め、歯科クリニックで行う基本的な治療をベースに、さらに美しく整えるという治療が加わります。他の歯と並んでも違和感のない自然さと美しさ、高度な治療法を受けることができます。美しさは、機能回復とはなりません。そのために、治療やそれに使われる材料は、健康保険が適用されず費用が高くなることが多いのです。

また、審美歯科と矯正歯科との違いもわかりにくいことがあると思います。矯正歯科も、健康保険の適用が受けられない治療という点では、同じですが、矯正というのは、専用の装置で歯や顎の骨をゆっくり動かし、歯並びやかみ合わせを整えていく治療になります。美しくという観点ではなく、かみ合わせを整えるために、自分の歯を正しい位置に動かす治療になります。あくまで、自分の歯が自らの力によって動くのを待つことになるので、人によって若干の違いはあるものの、時間がかかります。

 

Copyright © 2014 歯を美しく審美歯科での治療 All Rights Reserved.